チャリダーどこへゆく

ロードバイクに乗り始めて3年。強くなるためにもがき中。アドバイスお待ちしております!

JBCF 群馬CSC E3 Day-2 20190428

1か月ぶりのレースはまたもや実業団レースです。先月の伊豆ではコテンパンにやられてしまったので、完走を目標にするというひよりっぷりで参加してきました。
結果は、集団ゴールの25位といまいちな結果になりました。もがけば20位以内でポイント少しアップできますが、落車の危険が伴うのでリスク回避の一環として落ち着いてゴールすることを選びました。
レース詳細については下記に。


時間:1時間27分
距離:32.71
スピード:36.0km/h
平均心拍:159bpm
獲得標高:782m
TSS:121.2
(サイコン上の記録)




・レース内容
・反省
・今後の練習


・レース内容

群馬CSCで行う実業団レース カテゴリE3 
9周回 約54km 72人出走 完走45名
天候:晴れ 風ややあり 
朝九時スタートで標高があるコースなので肌寒く、レッグウォーマーの使用許可が下りました。
前日は乱天で落車が多発したようですが、2日目は人数が少なく天候もよかったので落車はありませんでした。

コースは、下りから始まりS字カーブ、ヘヤピンカーブとテクニカルなカーブが続き、30秒程度の登りからアップダウン、2分程度の登り(心臓やぶりの坂を含む)があります。ゴール前500mのところにもヘヤピンカーブがありここを先頭で抜けられないとゴール勝負はかなり難しくなります。

マネージャーミーティングの時間と試走時間がややかぶっていましたが、受付から試走時間まで少し余裕があったので、今回は1周のみでしたが試走できました。感想としては路面が荒いことぐらいでカーブに関しては進入速度次第では対応できそうな感じ。登りは思っていたよりも斜度がきつくなかったので離されることはないかなぁって印象でした。



・1周目
集団半ほどに位置どれてひと安心も束の間、スタート直後に前が詰まってクリートキャッチ失敗。あっという間に集団最後尾まで落ちてしまいました。リアルスタートまでに真ん中あたりまでは行っておきたかったので、上がる人を利用して先頭が見える位置まで。ローリングスタートだったので声かけあってカーブを終えて登りでリアルスタート。爆上げする人はいなかったのできつくなく集団待機を選択。2,3名ほど飛び出たみたいだったけれど、今日のレースは距離がそこそこあるので初めから逃げ切れるほどの実力者はいないと思って静観しました。


・2周目
1周目終わりのホームストレートで集団が詰まったので力を使わずに先頭まで上がる。また、何人か飛び出していたので、アップ代わりに追いかけてみることにしたのと下りを安全に行きたかったので飛び出してみました。一本目の登りで一人キャッチして回って前に追いつこう!と声をかけてみたけれどいつの間にかいなくなっていた。心臓やぶりの坂の手前で前とは30秒差で後ろを振り返ると集団が来ていたので軽く登り切ってから集団に戻ることに

・3周目
2周目で少し頑張ったので休憩。チームメイトも元気そうなので一安心。

・4周目
2周目に入るときと同様にスタートゴール地点で詰まるので前に上がって少しだけペースアップ。
全然ローテーション回らないしお見合いしかしない。逃げはいつの間にかつかまってたのかな?
できるだけ前で展開して走ってみる。先頭にでると気持ちが良くて弱ぺの今泉くんの気持ちがよくわかる。先頭は静かだ。


・5周目

集団で休憩。みんな疲れてきたのか、S字カーブを1列で曲がるようになってきた。安全でなにより。

・6周目
ここから集団を少し小さくしたかったので登りで上げてみるもみんなついてくる。もう少しパンチ力が欲しい。登りで踏まないで下りで踏まないとーて言われたけど目的が違うんだよ。そういうなら回ってくれ。
なんか強い人がいるからあいつを逃がすなーって声がかかる。何人かその飛び出しに反応したので一緒になって追いかける。集団は相変わらずばらけない。
3、6周回がポイント周回であったことを忘れていた。ここも前で展開していたらホームストレートで前から2番目。スプリントしちゃおうか迷ったけどあと3周あるから見逃した。あとで後悔。


・7周目
心臓やぶりの坂のところで4人が飛び出す。直感でこの逃げは決まる。飛びつかなきゃって思ったけどもう飛び出せるほどの脚がなかった。勝負に絡めない不甲斐なさと今までの無駄足を後悔する。

・8周目
いつの間にか逃げとは30秒差開いててやっぱりなと思った。集団は相変わらずのんびりだし、スピード上げろ!って言ってるやつに限って何もしない。もう脚ないし安全マージンだけとってゴールでいいやと諦める。

・9周目
気が付けば前とは1分も差が開いてた。最後だし悪あがき。最後の登りで上げてみる。スプリントないのわかってるし少しでも人数減らせればと思って前へ出る。
最後のカーブで横から上がってくる人がいたので引くの終了。安全に行きたかったのにインから斜行してくるやつとハスりそうになって思わず声が出てしまった。集団半ばでそんな動きすんなって!
ゴールスプリントはせず自然と上がるスピードにのってゴール。
集団の先頭とれればシングルリザルトだったなーと思い返すけど表彰台上がれないなら別にいいかなって気持ちがある。昨年は6位まで入賞だったみたいだけれど、今年から3位までなのでそこに入れるなら頑張るけどって感じでした。




・反省
無駄な走りが多かったかなぁって印象でした。速い人の走りって安定してるしフォームが落ち着いているからあの人が行ったらやばいっていうのがよくわかる。次回以降は早めにやばい人を見つけてマークすることと重要な局面までは最低限のことだけをしようと思います。

E3って勝とうって意思がないのかなって印象が強く残りました。レースを動かしたいって気持ちがある人が何人かいたらもっと競技として面白いなーって感じです。それとも初めから集団スプリントで先頭とってのポイントねらいだったのかな?

それと、1時間を超えるレースだったらジェル補給とったほうが良かったと思いました。(個人的に)
空腹感を感じた時が勝負どころだったのでジェル取れませんでしたのでこれも反省です。

忘れていましたが、今回はZONDAちゃんで走りました。25Cはこれしかなかったので。おかげでカーブも安心でした。チューブはラテックスにしてみましたが、違いがよくわかりません!

勝負できる力をつけることが最優先ですね。




・今後の練習
ヒルクライムレースがあるのでこれから1か月はベースアップのトレーニングをしてみます。

インターバルは週一くらいでできれば御の字です。




P_20190428_121143


反省会で一人四万川ダムまで行ってみました。

P_20190428_141020

意外と小さかった。温泉はみなかみに戻ってから入りましたー





次戦はヒルクライム。実業団のヒルクライムレースって人気あるのかな?