チャリダーどこへゆく

社会人になってからロードバイクに乗り始めて早5年目。JBCF E2、ホビーレースもたまに。 埼玉県在住のアラサー。手掌多汗症に生まれ、18、19歳の時にETS手術を受けた。たまに多汗症ネタも記事にする雑記ブログです。 お暇なときにお付き合いいただけたらと思います。

2021年ワールドツアーランキング TOP10

もうワールドツアーが終わったので確定で良いでしょうか。

それでは2021年のUCIワールドツアーランキングTOP10を紹介していきます。

 

第10位 リチャル・カラパス (イネオス) 2,058P

主な戦績:

・ツールドスイス 総合1位 500P

(ステージ5 1位 60P)

ツールドフランス 総合3位 675P

東京オリンピック ロードレース 1位 600P

やはり今年のカラパスといったらオリンピックですよね。

あのアタックには心打たれた!20Km独走も熱かったなー!!!

来年もグランツールで魅せてくれるでしょう。

 

第9位 ジョアン・アルメイダ (ドゥクーニングクイックステップ

2,234P

 

主な戦績:

UAEツアー 総合3位 215P

・ティレーノ・アドリアティコ 総合6位 175P

・ボルタア・ア・カタルーニャ 総合7位 120P

ジロ・デ・イタリア 総合6位 320P

ポルトガル ナショナル選手権 1位 50P

・ツール・ド・ポーランド 総合1位 400P

(ステージ2、4で1位 各50P)

・ツール・ド・ルクセンブルク 総合1位 200P

(ステージ1で1位 20)

・ジロ・デル・エミリア 2位 150P

・ミラノ~トリノ 3位 125P

 

第8位 アダム・イエーツ (イネオス)

2,251P

 

主な戦績:

UAEツアー 総合2位 250P

・ボルタア・ア・カタルーニャ 総合1位 400P

(ステージ3 1位 50P)

・イツリア・バスク・カントリー 総合4位 220P

東京オリンピック ロードレース 9位 125P

ブエルタ・ア・エスパーニャ 総合4位 460P

・ジロ・デル・エミリア 4位 100P

・ミラノ~トリノ 2位 150P

・イルロンバルディア 3位 325P

 

第7位 マチュー・ファン・デル・ポール (アルペシンフェニックス)

2,492P

主な戦績:

ストラーデ・ビアンケ 1位 300P

・ティレーノ・アドリアティコ 

ステージ3・5 1位 各60P

・ミラノ~サンレモ 5位 225P

・E3 サクソバンククラシック 3位 260P

・ロンド・ファン・フランデレン 2位 400P

ツール・ド・スイス 

ステージ2・3 1位 各60P

ツール・ド・フランス

ステージ2 1位 120P

・Antwerp Port Epic 1位 125P

UCI世界選手権 ロード 8位 150P

・パリ~ルーベ 3位 325P

 

みんな大好きマチューさん!!!いつも魅せてくれる走りは見惚れますよね。

来年はぜひツールでポイント賞をとってもらいたい!

 

 

第6位 エガン・ベルナル (イネオス)

2,564P

主な戦績:

・Tour de la Provence 総合3位 125P

・Trofeo Laigueglia  2位 150P

・ストラーデ・ビアンケ 3位 215P

・ティレーノ・アドリアティコ 総合4位 275P

ジロ・デ・イタリア 総合優勝 850P

(ステージ9・16 1位 各100P)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 総合6位 320P

 

背中の痛みで思うような走りができなかった昨年から復活してのジロ制覇は圧巻です。また、紳士で力強い走りに期待したい。

 

第5位 ソンニ・コロブレッリ (バーレーン

2,578P

主な戦績:

・ミラノ~サンレモ 8位 125P

・Gent-Wevelgem in Flanders Fields ME 4位 275P

・イタリア ナショナル選手権 1位 100P

・Benelux Tour  総合1位 400P

(ステージ6 1位 50P)

ヨーロッパ選手権 ロード 1位 250P

・Coppa Sabatini - Gran Premio città di Peccioli(1.Pro) 2位 150P

・Memorial Marco Pantani (1.1) 1位 125P

・世界選手権 ロード 10位 100P

・パリ~ルーベ 1位 500P

 

記憶に新しいのは雨のパリ~ルーベですね。

最後は誰だかわからないくらい泥んこでの勝利の男泣きには感動した方は多いのではないでしょうか。来年もバーレーンのクラシックハンターとして勝利を重ねてほしいです。

 

 

第4位 ジュリアン・アラフィリップ (ドゥクーニングクイックステップ

3,104P

主な戦績:

・Tour de la Provence (2.Pro) 総合2位 150P

・ストラーデ・ビアンケ 2位 250P

・ティレーノ・アドリアティコ ステージ2 1位 60P

・アムステル ゴールドレース 6位 175P

フレッシュ・ワロンヌ 1位 400P

リエージュ~バストーニュ~リエージュ 2位 400P

ツール・ド・フランス ステージ1 1位 120P

・Donostia San Sebastian Klasikoa 6位 140P

・Bretagne Classic - Ouest-France 2位 320P

・Tour of Britain 総合3位 125P

・世界選手権ロード 1位 600P

・イルロンバルディア 6位 175P

 

今のフランス人で最高の選手ではないでしょうか。

アラフィリップもマチュー同様魅せる走りをしてくれるカッコよさがある。

そして、ダンディーだ。来年も素晴らしい走りに期待したい!

 

第3位 プリモシュ・ログリッチ (ユンボビズマ)

3,944P

主な戦績:

・パリ~ニース 総合15位 35P

(ステージ4、6、7で1位 各60P)

・Itzulia Basque Country (2.UWT)

総合1位 400P

(ステージ1 1位 50P)

フレッシュ・ワロンヌ 2位 320P

・オリンピック 個人TT 1位 350P

ブエルタ・ア・エスパーニャ 総合1位 850P

(ステージ1、11、17、21で1位 各100P)

・Giro dell'Emilia (1.Pro) 1位 200P

・ミラノ~トリノ 1位 200P

・イルロンバルディア 4位 275P

 

グリッチ選手は今年でブエルタ3連覇を達成しました!ツールは諦めてブエルタ5勝クラブを作ったほうが良いと個人的には思っています。

今年もTTの強さを見せつけてくれましたね。オリンピックでは圧巻の走りでした。

コロナの影響で第2抽選で先行漏れしてしまいスピードウェイで見れなかったのは残念で仕方ありません。

22年のブエルタも期待しています!

 

第2位 ワウト・ファン・アールト (ユンボビズマ)

4,407

 

主な戦績:

・ストラーデ・ビアンケ 4位 175P

・ティレーノ・アドリアティコ 総合2位 400P

(ステージ1 1位 60P)

・ミラノ~サンレモ 3位 325P

・Gent-Wevelgem in Flanders Fields ME 1位 500P

・Ronde van Vlaanderen 6位 175P

・De Brabantse Pijl - La Flèche Brabançonne 2位 150P

アムステルゴールドレース 1位 500P

・ベルギーナショナル選手権 1位 100P

ツール・ド・フランス 総合19位 55P

(ステージ11、20、21 1位 各120P)

・オリンピック ロードレース 2位 475P

・オリンピック 個人TT 6位 100P

・Tour of Britain (2.Pro) 総合1位 200P

(ステージ1、4、6、8 1位 各20P)

・世界選手権 個人TT 2位 250P

・パリ~ルーベ 7位 150P

 

Jスポで良く脚質ファンアートといわれていますが、今年は神がかっていましたね。

ツールの山頂ゴールで勝ち、個人TTで勝ち、シャンゼリゼで勝つとまさに万能タイプ。冬場にシクロをスキップしたら来年はグランツールでエースとして走る可能性大ではないでしょうか。山岳向けに鍛えたら向かうところ敵なしかもしれない。

 

第1位 タディ・ポガチャル (UAE チームエミュレーツ)

5,388

 

主な戦績:

UAEツアー 総合1位 300P

(ステージ3 1位 40P)

・ストラーデ・ビアンケ 7位 95P

・ティレーノ・アドリアティコ 総合1位 500P

(ステージ4 1位 60P)

・Itzulia Basque Country (2.UWT) 総合3位 260P

(ステージ3 1位 50P)

・Tour of Slovenia (2.Pro) 総合1位 200P

(ステージ2 1位 20P)

ツール・ド・フランス 総合1位 1,000P

山岳賞 120P

(ステージ5、17、18 1位 各120P)

・オリンピック ロードレース 3位 400P

ヨーロッパ選手権 ロードレース 5位 100P

・Tre Valli Varesine (1.Pro) 3位 125P

・ミラノ~トリノ 4位 100P

・イルロンバルディア 1位 500P

 

UAEの若きエースは今年でツール2連勝と乗りに乗っている。ビッグタイトルで良い成績を残しているので、UCIランキングでも2年連続の1位となっている。

ポガチャルもアタックしてからの独走と魅せてくれる選手の一人である。来年のツール3連勝が楽しみである。

 

以上

UCIポイントランキングでした。

来年も代り映えしなさそうな気がしますが、私はフルーム選手の復活を期待しています。どこかの大会で優勝する日を心待ちにして、、、

それと、今年はデヘント先生が静かだったのでそろそろ引退が近いのかなーと心配していますが、また逃げ勝ちの姿を見たいので若者育成のためにも走り続けてほしいなとおもっています。

また、日本人の活躍もワールドツアーで見たいので、ジロあたり来るのではないでしょうか、中根選手!残念ながら全日本のタイトルは取れませんでしたが、表彰台は評価されるでしょう。Jスポでのジロ継続とともに楽しみにしています。

 

ということでスポーツ見るならJスポーツ!

サイクルロードレースを見るならJスポーツ!

 

注意:筆者はJスポの回し者ではありません(笑)

 

f:id:amg6317:20211026213158p:plain

https://www.jsports.co.jp/cycle/img/wallpaper/gt_PC_W1920_H1080.png